右の手に一番重さがあるように見えるがそうではない。右手と肩と楽器で三角形を作る。形で弓に重さが掛かる。
弓先へ行っても減衰しないように。竿と毛の隙間が弾いている時は狭くなるが中弓の時に狭くなるだけでなく先弓でも凹んでいるように。

手のひらは下を向く。人差し指と親指でてこの原理。そうするとどうしても親指に力が入ってしまうと訴えると、さすが先生すぐ引き出しが開く。指を縦に持つ感じ、とのことで、楽器置いて、弓を立てて持つ練習。上手く持てず…今度は弓を右の手のひらに立てて乗せてバランスさせる。このときまったく力が要らない、この感覚。でもう一度弓を縦にして持つ。弓が真っすぐ縦だと持つのに力が要らない。手のひらに立てたときの状態で持つ。そうすると親指の力が抜ける。この相続の感じで運ぶ。